-
RSS ファンになる

最新記事

暖冬の影響が続々
高齢者による自動車事故
脳の老化を感じる
水分摂取の重要性
近年の流行に思う

カテゴリー

A5
ASV
BSE
BSL4
CDC
CNN
FDA
H5
H7
LWD
microsoft
MIT
NIH
O-157
SNS
TSE
WHO
イスラム
インフルエンザ
うんこ
オウム病
オスプレイ
オプジーボ
オリンピック
お正月
お酒
お風呂
カード不正利用
ガウディア
カタカナ
ガン
がん
ゲノム編集
サウジアラビア
ジカウイルス
シナプス
ストレッチ
スポーツ
セキュリティ
セレノプロテイン
センサー
ゾウ
ダイエット飲料
タイヤ
タピオカ
タミヤ
タミヤロボットスクール
ディート
デジタル機器
ドーピング
ドロップアウト
ながらスマホ
ニワトリ
ノーベル賞
ハイブリッド
バナナ
パナマ病
ヒアリ
ひじき
ビジネス
プログラミング
ヘラジカ
ボツリヌス
マダニ
マラリア
ムカデ
メンタル
もやしもん
やせ薬
ラウンドアバウト
ラム
りんご
ロボット
ワクチン
中赤外レーザー
中野教室
乾燥
予防接種
事故防止
人口甘味料
備蓄
免疫チェックポイント阻害
八王子バイパス
冬の準備
努力 ラグビー
動物園
単純ヘルペス
受験
善玉菌
噴火
回復
地震
夏休み
外来語
子ども
実験
宿題
小説
悪玉菌
想像力
抗体
携帯電話
改正道路交通法
救命
教えこまない
教室
教育
新常識
日本撤退
書店
染色体異常
格付
梅雨
横田基地
武道
水分
水筒
水銀
温度調節
温暖化
温泉
漢字ドリル
無料化
焼肉
狂牛病
環状交差点
異常行動
発酵
皮膚常在菌
着床前スクリーニング
睡眠
科学リテラシー
等級
筋肉痛
結核
繊毛

脱水
脳トレ
脳の老化
脳卒中
脳炎
自動車
自己破産
自転車


蜜入り
記憶
認知症
読書
読書感想文
豚肉
運動抵抗性
遺伝子
遺伝子ドーピング
野球
金持ち
鉄分
銃剣道
長崎大学

電力自由化
電波
青キップ
非侵襲
食中毒
食中毒 きゅうり
食品標準成分表
食欲抑制ホルモン
高齢出産
高齢化
鳥インフルエンザ
検索エンジンの供給元:

マイブログ

がん

ノーベル賞が話題ですが・・・・

世の中は本庶先生のノーベル生理学賞の受賞で盛り上がってますが、がん免疫療法についてきちんと説明ができているメディアはいったいどれくらいあるのでしょうか?
そもそも、「がん」とは、正常な細胞が「がん化」したものです。本来はコントロールされているはずの細胞がコントロール不能となって暴走し、制御不能となってしまった状態のものです。
それを治療するのに最も有効なのは切除です。しかし、がんの場所やがん化した大きさによっては切除が難しい場合があります。その際に選択されるのが、抗がん剤などの投薬や放射照射などの治療法でした。
でも抗がん剤や放射線照射には、大きな副作用が伴います。

それに対して、新しい作用機序の免疫療法が開発されました。がん細胞はもともとは自分の細胞なので、攻撃しないようにブレーキがかかるようになっています。そのブレーキを強制的にはずすことで「がん」を攻撃できるようにする薬が「免疫チェックポイント阻害薬 オプジーボ」です。
理論的には、がん細胞以外の細胞は攻撃しないはずなのですが、免疫に作用する薬ですので多くの予測できない副作用が発生するリスクがあります。販売元企業のHPでも、数多くの重大な副作用について説明されています。劇的な症状は薬剤投与直後から24時間以内に現れるのでわかりやすいのですが、反復投与によって引き起こされてくる副作用は、何が原因なのかの見極めが難しいため、長期にわたった経過観察が必要です。今後、より効果的な投与方法や次世代の薬剤などが次々と開発されるものと思われます。

やっぱり携帯電話は身体に悪かった!?

National Toxicology program は、NIH(National Institute of Health: アメリカ国立衛生研究所)の毒性を専門に研究している部門です。その部門が、携帯の周波数に近い波長の電波をマウスとラットに長時間照射した最新の研究結果を発表しました。
明確に有害であるという結論には達してはいませんが、電波が生物に対して無害であるとはいえないという、何ともあいまいな結論になっています。

National Toxicology Program, U.S. Department of Health and Human Services
"Draft Reports, Public Comments, and Related Information: TR Peer Review Panel"

かなり難しい内容ですが、身近な問題なのでもっと真剣な議論が必要ですね。

もはや「酒は百薬の長」にあらず

2017年11月、ASCO (American Society of Clinical Oncology)/アメリカ臨床腫瘍学会が「アルコールは発がん物質である」と明言し、飲酒を控えるように提言しました。

http://ascopubs.org/doi/abs/10.1200/JCO.2017.76.1155

以前より飲酒の害は指摘されてきましたが、タバコのように明確に悪者にされるケースは多くありませんでした。しかし、これからは日本でもアルコールの害は無視できないものになっていくでしょう。
タバコは既に規制の対象になっていますが、これからはアルコールも規制対象となっていくと考えられます。そうなると、アクセスを制限するために①値上げ②販売時間の制限③販売店舗の制限といったことが考えられますが、関連業界がどの程度受け入れるのかがポイントになるのではないでしょうか。
10年後には、「昔は飲み放題があってねー」ということになっているんでしょうか?

オプジーボって知ってますか?

オプジーボ(一般名:ニボルマブ)は、世界初の抗PD-1抗体で、日本では初めてとなる免疫チャックポイント阻害薬です。

参照:オプジーボ.JP

一般的に、がん細胞は自身が増殖しやすいように、免疫細胞の働きを抑制しようとします。
その免疫細胞の働きを抑制するための結合を阻害することで、免疫細胞の働きを回復・活性化させる薬です。
理論的には、副作用は少なく多くの種類のがんに効果が期待されます。
この薬の価格が、様々なところで問題となっています。

100mg/1バイアル:¥729,849
通常、成人には3mg/kg 量を、2週間に1回投与します。
モデルケースとして、体重70kgで、月に2回の投与と設定すると、
1回210mg×月2回 = 420mg  便宜上420mgで費用を出すと、なんと¥3,065,365
しかし、日本では高額医療費の制度によって、月額¥87,430以上医療費がかかった場合には、給付の対象となります。
つまり、3,065,365-87,430 =¥2,977,935が、公的に補助されます。
この金額が高すぎて、医療保険財政の破綻の原因になると話題になっています。

新規抗ガン剤の候補物質 NCB-0846

日本初の画期的な抗がん剤が完成する可能性が高くなってきました。
大腸がんの元となる”がん幹細胞”の機能を抑制することで、がんを根絶することが可能になります。 しかも、この候補物質は経口投与が可能だそうです。
共同研究に名を連ねる「カルナバイオサイエンス株式会社」は、もともとキナーゼの研究で有名な会社でしたが、今回のプレスリリースで29日の株価はストップ高になりました。

参照:国立がん研究センター プレスリリース

今回の研究は、世界中の研究者が取り組んでいたテーマでしたが実用化に至るまでの研究結果は得られていませんでした。
早く実用化されて、大腸がんで亡くなる方が一人でも減る事を熱望します。

がんについて その4

さて、皆さまが気にしているがんの予防方法です。
これがどうしようもなく普通のことばかりなんです。

1、ストレスを溜めない
ストレスが万病の元であることは周知の事実ですが、現代に生きている我々にはなかなか難しいものです。
2、肥満を避け適度な運動をする
過度の運動は身体に負担となります。
厚生労働省の健康日本21では、以下が推奨されています。
①1日100,000歩以上
②週に2回以上、1回30分以上の息が少し弾む程度の運動
3、身体に悪いものを摂取しない
①お酒、タバコなどの嗜好品
②塩分を控える
③熱い飲み物を飲まない

簡単に言ってしまえば、がんは遺伝子のエラーが修復されない状態です。
がんのリスク遺伝子を持っていても、修復機能が正常に働いている間はがん化することはありません。
結局のところ、長生きができても健康寿命が短ければ意味がありません。
いろいろな健康食品や健康器具などがあふれていますが、万能なものはありません。
その中から、自分にあった方法を選ぶことが重要です。


参照:厚生労働省 健康日本21 身体活動・運動

参照:国立研究開発法人 国立がん研究センターがん対策情報センター