-
RSS ファンになる

最新記事

脳の老化を感じる
水分摂取の重要性
近年の流行に思う
40℃はもう目の前なのか?
2020年からの小学校の変化

カテゴリー

A5
BSE
BSL4
CDC
CNN
FDA
H5
H7
LWD
microsoft
MIT
NIH
O-157
SNS
TSE
WHO
イスラム
インフルエンザ
うんこ
オウム病
オスプレイ
オプジーボ
オリンピック
お正月
お酒
お風呂
カード不正利用
ガウディア
カタカナ
ガン
がん
ゲノム編集
サウジアラビア
ジカウイルス
シナプス
ストレッチ
スポーツ
セキュリティ
セレノプロテイン
センサー
ゾウ
ダイエット飲料
タイヤ
タピオカ
タミヤ
タミヤロボットスクール
ディート
デジタル機器
ドーピング
ドロップアウト
ながらスマホ
ニワトリ
ノーベル賞
ハイブリッド
バナナ
パナマ病
ヒアリ
ひじき
ビジネス
プログラミング
ヘラジカ
ボツリヌス
マダニ
マラリア
ムカデ
メンタル
もやしもん
やせ薬
ラウンドアバウト
ラム
りんご
ロボット
ワクチン
中赤外レーザー
中野教室
乾燥
予防接種
事故防止
人口甘味料
備蓄
免疫チェックポイント阻害
八王子バイパス
冬の準備
努力 ラグビー
動物園
単純ヘルペス
受験
善玉菌
噴火
回復
地震
夏休み
外来語
子ども
実験
宿題
小説
悪玉菌
想像力
抗体
携帯電話
改正道路交通法
救命
教えこまない
教室
教育
新常識
日本撤退
書店
染色体異常
格付
梅雨
横田基地
武道
水分
水筒
水銀
温度調節
温泉
漢字ドリル
無料化
焼肉
狂牛病
環状交差点
異常行動
発酵
皮膚常在菌
着床前スクリーニング
睡眠
科学リテラシー
等級
筋肉痛
結核
繊毛

脱水
脳トレ
脳の老化
脳卒中
脳炎
自転車


蜜入り
記憶
認知症
読書
読書感想文
豚肉
運動抵抗性
遺伝子
遺伝子ドーピング
野球
金持ち
鉄分
銃剣道
長崎大学

電力自由化
電波
青キップ
非侵襲
食中毒
食中毒 きゅうり
食品標準成分表
食欲抑制ホルモン
高齢出産
高齢化
鳥インフルエンザ
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ガン

やっぱり携帯電話は身体に悪かった!?

National Toxicology program は、NIH(National Institute of Health: アメリカ国立衛生研究所)の毒性を専門に研究している部門です。その部門が、携帯の周波数に近い波長の電波をマウスとラットに長時間照射した最新の研究結果を発表しました。
明確に有害であるという結論には達してはいませんが、電波が生物に対して無害であるとはいえないという、何ともあいまいな結論になっています。

National Toxicology Program, U.S. Department of Health and Human Services
"Draft Reports, Public Comments, and Related Information: TR Peer Review Panel"

かなり難しい内容ですが、身近な問題なのでもっと真剣な議論が必要ですね。

もはや「酒は百薬の長」にあらず

2017年11月、ASCO (American Society of Clinical Oncology)/アメリカ臨床腫瘍学会が「アルコールは発がん物質である」と明言し、飲酒を控えるように提言しました。

http://ascopubs.org/doi/abs/10.1200/JCO.2017.76.1155

以前より飲酒の害は指摘されてきましたが、タバコのように明確に悪者にされるケースは多くありませんでした。しかし、これからは日本でもアルコールの害は無視できないものになっていくでしょう。
タバコは既に規制の対象になっていますが、これからはアルコールも規制対象となっていくと考えられます。そうなると、アクセスを制限するために①値上げ②販売時間の制限③販売店舗の制限といったことが考えられますが、関連業界がどの程度受け入れるのかがポイントになるのではないでしょうか。
10年後には、「昔は飲み放題があってねー」ということになっているんでしょうか?

若返り治療

4月22日、BioViva USA社のElizabeth ParrishCEOが、自分自身を被験者とした最新の遺伝子治療を行ったことを発表しました。
2015年9月に、テロメアの合成を行うテロメラーゼ遺伝子を組み込んだウイルスを静脈注射する治療を受け、2016年3月に結果を確認したところ、テロメアが長くなっていました。 テロメアはヒューストンにあるSpectraCell社にて測定され、治療前には6.71kbだったテロメアが治療後には7.33kbとなりました。
これは、テロメア20年分の老化がなかったことになる数値です。

参照:The longevity Reporter (イギリスの健康に関するブログサイト)
http://www.longevityreporter.org/blog/2016/4/22/promising-results-from-the-first-human-gene-therapy-against-aging


参照:BioViva USA サイト

がんについて その3

がんの予防法ではなく、最新の話題が届きましたのでそちらを先に紹介します。

今まで、人間の細胞はブドウ糖(グルコース)をエネルギー源にしているとされていました。
ところが、MIT(マサチューセッツ工科大学)の最新研究によって、がん細胞の分裂で最もエネルギーとして利用されているのはブドウ糖ではなくアミノ酸であることが判明しました。

がん細胞が分裂する際に何をエネルギー源にしているのかを観察するために、Heiden准教授は複数のがん細胞と通常の体細胞に異なる栄養素を与え、細胞の変化を観察しました。
実験は、栄養素中のC(炭素)とN(窒素)に標識を施し、どれだけ細胞構築に利用されたかをわかるようにしました。
細胞分裂の前後で細胞の重さを量ると、ブドウ糖・グルタミン・グルタミン以外のアミノ酸を栄養として与えた細胞が体積を大きく増やしていることが分かりました。
そして、細胞がどれだけのCを利用して細胞を構築したのかを測定したところ、ブドウ糖で10~15%、グルタミンは10%でしたが、アミノ酸はなんと新しい細胞の20~40%を構築するのに利用されていました。

参照:MIT News on campus and around the world  March 7, 2016

がんについて その2

そもそも「がん」とは何なのでしょう?
「がん」とは、がん化した細胞のことです。
細胞が”がん化”すると、勝手に増殖を開始して大きな塊を作ります。
これが「腫瘍」と呼ばれるもので、一般的に悪性と良性があります。
良性腫瘍は、ただ単に細胞ががん化して正常な状態でなくなったものです。
対して悪性腫瘍は、正常組織との間に明確な仕切りがなく、他の組織へ浸潤していったり、転移を起こすものです。

では、何で細胞ががん化するのでしょう?
一般的には、がん遺伝子が損傷を受けることによって発症するとされています。
がん遺伝子が損傷を受けると、長い時間をかけて徐々にがん化が進行していきます。
正常な細胞が異常な細胞となり、そこにさらに第二の異常、第三の異常というように多段階でがんが進行していきます。

人間の体には、遺伝子が損傷した際に修復する機能が備わっています。
この修復機能がきちんと作用している間はがんになりません。
遺伝子の修復機能に影響を与える要因は数多くあり、複合的に作用してると言われています。
加齢、飲酒、放射線、喫煙、ストレス、睡眠不足、ウイルス感染、など。

がんになるには、遺伝的要因 と 環境的要因 の2つが必要です。

がんについて

最近、知り合いが肝臓がんで入院しました。
既にあちこちに転移しており、外科的手術は適用外になりました。
後はQOL (Quality Of Life) の視点から、どのような治療をするのか、もしくは延命治療はしないのか、いろいろと決めていかなければならないでしょう。

ニュースでは、著名な方のがんに関するニュースが多く報道されています。
今や日本では、がん(悪性新生物)が死亡原因では1位で28.9%、2位の心疾患が15.5%ですから、この2つの疾患で44.4%もの方が亡くなっています。
3位の肺炎と4位の脳血管疾患は、新薬の効果や救急医療体制の充実により前年比で死亡数も死亡率も減少しています。

参照:厚生労働省 人口動態統計(確定数)の概況 平成26年

がんについてはいろいろな要素がからんできますので、詳細は次回以降にさせていただきます。

がん研究最前線

JAMA (The Journal of the American Medical Association)アメリカ医師会雑誌に、今まで謎だったゾウにガンが少ない理由について最新の論文が掲載されました。

ゾウは人間よりはるかに多くの細胞を持っているため、ガンに罹るリスクは人間より高いはずとされていました。
644頭におよぶゾウの死因を調査し、そのうちガンで死亡したのは5%に満たなかったのに対して、人間のガンによる死亡率はおよそ11~25%と2倍以上も高くなっています。
このことは以前から謎でした。

Lisa M. Abbegrenらは、腫瘍の形成を抑制する「p53」タンパク質をコードする遺伝子コピーが最低でも20コピー以上あることを突き止めました。
対して人間は1コピーしか持っていません。
この「p53」タンパク質に限って言えば、ゾウは人間より20倍もガンに罹りにくいと言えます。
さらに、DNAが損傷した場合において、人間よりもゾウの方が積極的にアポトーシス(管理・調整された細胞の自殺)が発生している事にも言及しています。