-
RSS ファンになる

最新記事

暖冬の影響が続々
高齢者による自動車事故
脳の老化を感じる
水分摂取の重要性
近年の流行に思う

カテゴリー

A5
ASV
BSE
BSL4
CDC
CNN
FDA
H5
H7
LWD
microsoft
MIT
NIH
O-157
SNS
TSE
WHO
イスラム
インフルエンザ
うんこ
オウム病
オスプレイ
オプジーボ
オリンピック
お正月
お酒
お風呂
カード不正利用
ガウディア
カタカナ
ガン
がん
ゲノム編集
サウジアラビア
ジカウイルス
シナプス
ストレッチ
スポーツ
セキュリティ
セレノプロテイン
センサー
ゾウ
ダイエット飲料
タイヤ
タピオカ
タミヤ
タミヤロボットスクール
ディート
デジタル機器
ドーピング
ドロップアウト
ながらスマホ
ニワトリ
ノーベル賞
ハイブリッド
バナナ
パナマ病
ヒアリ
ひじき
ビジネス
プログラミング
ヘラジカ
ボツリヌス
マダニ
マラリア
ムカデ
メンタル
もやしもん
やせ薬
ラウンドアバウト
ラム
りんご
ロボット
ワクチン
中赤外レーザー
中野教室
乾燥
予防接種
事故防止
人口甘味料
備蓄
免疫チェックポイント阻害
八王子バイパス
冬の準備
努力 ラグビー
動物園
単純ヘルペス
受験
善玉菌
噴火
回復
地震
夏休み
外来語
子ども
実験
宿題
小説
悪玉菌
想像力
抗体
携帯電話
改正道路交通法
救命
教えこまない
教室
教育
新常識
日本撤退
書店
染色体異常
格付
梅雨
横田基地
武道
水分
水筒
水銀
温度調節
温暖化
温泉
漢字ドリル
無料化
焼肉
狂牛病
環状交差点
異常行動
発酵
皮膚常在菌
着床前スクリーニング
睡眠
科学リテラシー
等級
筋肉痛
結核
繊毛

脱水
脳トレ
脳の老化
脳卒中
脳炎
自動車
自己破産
自転車


蜜入り
記憶
認知症
読書
読書感想文
豚肉
運動抵抗性
遺伝子
遺伝子ドーピング
野球
金持ち
鉄分
銃剣道
長崎大学

電力自由化
電波
青キップ
非侵襲
食中毒
食中毒 きゅうり
食品標準成分表
食欲抑制ホルモン
高齢出産
高齢化
鳥インフルエンザ
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ゲノム編集

「遺伝子ドーピング」どうなる?

2018年の平昌オリンピック(冬季)が無事に終了して、次はいよいよ2020年の東京オリンピック(夏季)となります。現在、急ピッチで会場整備が行われており、間に合うのかどうかという問題も報道されていますが、それ以外にも注目されている問題があります。それは、「遺伝子ドーピング」の問題です。
「遺伝子ドーピング」は、2003年にIOC(Interational Olympic Committee/国際オリンピック委員会)によって明確に禁止されていますが、これまでは現実的ではなかったため、そこまで注目されてきませんでした。

WADA(世界アンチドーピング防止機構)禁止国際標準、2018年1月版(日本アンチドーピング機構版)www.playtruejapan.org/wp/wp-content/uploads/2017/12/2018-Prohibited-List-Japanese.pdf
より抜粋、では以下の3点が”競技能力を高める可能性のある事項として禁止”と記載されています。

遺伝子ドーピング
1 核酸のポリマーまたは核酸類似物質の使用。
2 ゲノム配列の変更および遺伝子発現の転写および/またはエピジェネティック調節の変更を目的に設計された遺伝子編集用物質の使用。

日本では成功した不妊虫放飼ですが・・・・

現在、大きな問題となっているジカ熱やデング熱ですが、新たな試みが開始される可能性がでてきました。
日本でも成功例がある「不妊虫放飼」という方法です。
フロリダ州で計画されていましたが、8月5日にFDAが環境への重大な影響は見られないとのコメントを発表しました。これで、フロリダ州で住民投票にかけられて、住民が認めれば実際に不妊操作された蚊が放飼されることになります。

蚊はメスのみが吸血し、オスは木や草の汁を吸っています。そのオスに遺伝子操作を行ったオキシテック社のオスの蚊を「OX513A」と呼んでいます。この「OX513A」を大量に自然に放飼します。そうすると、2日程度で「OX513A」は死んでしまいます。そして「OX513A」が死ぬ前にメスと交尾していれば、生まれてきた蚊は成虫になることはできても、生殖機能が成熟する前に死んでしまいます。
こうして蚊の増殖を防ぎ、個体数を減らしていき、最終的には全滅させることが可能になります。
2010年にマレーシアで実験的に6000匹を放飼しましたが、効果がなかったという結果になっています。理由は、放飼した蚊の数が自然界の蚊に対してあまりにも少なかったからということですが、本当のところはわかりません。

若返り治療

4月22日、BioViva USA社のElizabeth ParrishCEOが、自分自身を被験者とした最新の遺伝子治療を行ったことを発表しました。
2015年9月に、テロメアの合成を行うテロメラーゼ遺伝子を組み込んだウイルスを静脈注射する治療を受け、2016年3月に結果を確認したところ、テロメアが長くなっていました。 テロメアはヒューストンにあるSpectraCell社にて測定され、治療前には6.71kbだったテロメアが治療後には7.33kbとなりました。
これは、テロメア20年分の老化がなかったことになる数値です。

参照:The longevity Reporter (イギリスの健康に関するブログサイト)
http://www.longevityreporter.org/blog/2016/4/22/promising-results-from-the-first-human-gene-therapy-against-aging


参照:BioViva USA サイト

神の領域なのか?

最近、にわかに注目されている「ゲノム編集」技術ですが、一般の方はどの程度理解されているのでしょう?
以前からある、「遺伝子組み換え」とは何が異なるのでしょう?

”遺伝子組み換え”は、食品(主に大豆やトウモロコシなどの穀物類)でご存じの方が多いと思います。
この技術の特徴は主に2つです。
1、犬の遺伝子に猫の遺伝子を組み込むような、他の生物の遺伝子を人為的に組み込むこと
2、特定の遺伝子を人為的に発現・抑制させること

利点は、今まで数世代、20~50年かかっていた作物や家畜の品種改良が1~3世代、3年程度に短縮されることです。

問題点は、主として3つ。
1、本来ありえない遺伝子によって、本来ありえない物質が産生されてしまう可能性があること
2、既存の生物と交配することによって、本来ありえない変異を起こす可能性があること
3、遺伝子組み換え作物が特許の対象となり、1世代限りの種子が開発されました(ターミネーター   遺伝子の導入)
農家は毎年種子を購入する必要が発生し、自由に作物を育てることができなくなりました

”ゲノム編集”技術の特徴は、他の生物の遺伝子を組み込むことなく、直接遺伝子を編集する技術です。
特徴と利点は、