-
RSS ファンになる

最新記事

水分摂取の重要性
近年の流行に思う
40℃はもう目の前なのか?
2020年からの小学校の変化
ロボットプログラミング無料体験会

カテゴリー

A5
BSE
BSL4
CDC
CNN
FDA
H5
H7
LWD
microsoft
MIT
NIH
O-157
SNS
TSE
WHO
イスラム
インフルエンザ
うんこ
オウム病
オスプレイ
オプジーボ
オリンピック
お正月
お酒
お風呂
カード不正利用
ガウディア
カタカナ
ガン
がん
ゲノム編集
サウジアラビア
ジカウイルス
シナプス
ストレッチ
スポーツ
セキュリティ
セレノプロテイン
センサー
ゾウ
ダイエット飲料
タイヤ
タピオカ
タミヤ
タミヤロボットスクール
ディート
デジタル機器
ドーピング
ドロップアウト
ながらスマホ
ニワトリ
ノーベル賞
ハイブリッド
バナナ
パナマ病
ヒアリ
ひじき
ビジネス
プログラミング
ヘラジカ
ボツリヌス
マダニ
マラリア
ムカデ
メンタル
もやしもん
やせ薬
ラウンドアバウト
ラム
りんご
ロボット
ワクチン
中赤外レーザー
中野教室
乾燥
予防接種
事故防止
人口甘味料
備蓄
免疫チェックポイント阻害
八王子バイパス
冬の準備
努力 ラグビー
動物園
単純ヘルペス
受験
善玉菌
噴火
回復
地震
夏休み
外来語
子ども
実験
宿題
小説
悪玉菌
想像力
抗体
携帯電話
改正道路交通法
救命
教えこまない
教室
教育
新常識
日本撤退
書店
染色体異常
格付
梅雨
横田基地
武道
水分
水筒
水銀
温度調節
温泉
漢字ドリル
無料化
焼肉
狂牛病
環状交差点
異常行動
発酵
皮膚常在菌
着床前スクリーニング
睡眠
科学リテラシー
等級
筋肉痛
結核
繊毛

脱水
脳卒中
脳炎
自転車


蜜入り
記憶
認知症
読書
読書感想文
豚肉
運動抵抗性
遺伝子
遺伝子ドーピング
野球
金持ち
鉄分
銃剣道
長崎大学

電力自由化
電波
青キップ
非侵襲
食中毒
食中毒 きゅうり
食品標準成分表
食欲抑制ホルモン
高齢出産
高齢化
鳥インフルエンザ
検索エンジンの供給元:

マイブログ

受験

久々の試験

理由あって、とある国家試験を受験してきました。
前回きちんとした試験を受けたのはTOEICを受けた10年くらい前だったので、とても疲れました。
でも受験会場が大学だったので、自分が若返ったような気分になりました。
ついつい調子に乗って、昼ご飯のラーメンは大盛りを注文してしまい後悔することに・・・・・

今回の会場となった大学では、確認できただけで3つの試験が行われていました。
学内はいろいろな試験を受けに来た社会人ばかりで、学生の姿はなく、異様な雰囲気でした。
本当はそれが普通なのかもしれませんが、私の学部では土日でも学生が大勢いたので、異様に感じたのかもしれません。

私は農学部で、研究室では実験動物も飼育していたために、土日・長期休みは関係なく飼育当番がありました。同様の研究室も多く、他の研究室でも継続している実験の管理や、微生物や細胞の継体培養、植物系では水やりなど、常に多くの学生が昼夜を問わずに活動していました。だから門は常にオープンで、守衛さんは正門にしかおらず、それ以外の門はフリーパス状態でした。当時はそれが当たり前だと思っていましたが、文系学部や、機械系の学部の学生と交流するようになり、セキュリティの違いに驚いたことがありました。

単純ヘルペス脳炎:最終章 記憶の不思議

最新の研究では、脳の健康寿命は100歳以上であることがわかってきました。
ではなぜ、年齢を重ねていくと老化すると思われているのでしょうか?
脳の老化について、重要なポイントの一つは物忘れです。それには、脳の特徴が大きく関係していました。

記憶を定着させるには、情報を入力するよりも出力するほうがはるかに効果が高いことがわかっています。ですから試験勉強などでも、公式や年号などを一生懸命ノートなどに書き込んで覚えた記憶のある方が多いと思います。
今までは、ひたすら反復して入力することで脳に記憶が定着すると考えられていましたが、「こんなに出力するなら、記憶した方が効率的だから覚えよう」と脳が入力された情報を選んで判断していることがわかってきました。このことから、参考書などを読んで覚える勉強法よりも、問題集などを解く勉強法のほうが記憶に定着しやすいということがいえます。

つまり、物忘れというのは、出力する頻度の少ない情報(脳があまり必要ないと判断した情報)を消去してしまうという作用の結果なのです。ですから、よく使う情報や必要な情報、大切な情報は忘れないのです。子どもでも物忘れをする場合があるのは、こういった脳の働きがあるからだと言われています。私もそうでしたが、脳が多少障害されたり、認知症になったりしても、強力に定着している記憶はなかなか消去されません。

せっかく合格した学校なのに

せっかくがんばって勉強して私立中学校に合格したのに、中退してしまう生徒もいます。
その直接的な理由のほとんどが「成績不振」だそうです。
私立学校もビジネスですから、やめないように手厚いケアをするのですが、それでもドロップアウトしてしまう生徒が出てきてしまうそうです。
ではどうして、そのような事態になってしまうのでしょう?

その原因の多くは、子どもがひとり立ちできておらず、両親に依存しているケースです。
子どもを受験に集中させるという「錦の御旗」で、朝起こしてあげることから始まって、制服の準備、持ち物の確認、学校までの送り迎えなど、とにかく過保護にしてしまうことで、中学生になっても自立できないままになってしまいます。
中学生になってからも両親がケアを継続すればその場はしのげますが、多くの場合、中学校入学が目標になっているため、両親も安心してしまいます。
「後は学校がやってくれるだろう」と。

しかし、自立できていない子どもは、言われないと行動がとれません。
自立した同級生がいろいろと先取りしていく中、必死になって付いていくだけです。
そのうちに、毎日がだんだんと苦痛になっていきます。そうなると当然成績も下がってきます。そして、何かのきっかけで完全にドロップアウトしてしまいます。