-
RSS ファンになる

最新記事

高齢者による自動車事故
脳の老化を感じる
水分摂取の重要性
近年の流行に思う
40℃はもう目の前なのか?

カテゴリー

A5
ASV
BSE
BSL4
CDC
CNN
FDA
H5
H7
LWD
microsoft
MIT
NIH
O-157
SNS
TSE
WHO
イスラム
インフルエンザ
うんこ
オウム病
オスプレイ
オプジーボ
オリンピック
お正月
お酒
お風呂
カード不正利用
ガウディア
カタカナ
ガン
がん
ゲノム編集
サウジアラビア
ジカウイルス
シナプス
ストレッチ
スポーツ
セキュリティ
セレノプロテイン
センサー
ゾウ
ダイエット飲料
タイヤ
タピオカ
タミヤ
タミヤロボットスクール
ディート
デジタル機器
ドーピング
ドロップアウト
ながらスマホ
ニワトリ
ノーベル賞
ハイブリッド
バナナ
パナマ病
ヒアリ
ひじき
ビジネス
プログラミング
ヘラジカ
ボツリヌス
マダニ
マラリア
ムカデ
メンタル
もやしもん
やせ薬
ラウンドアバウト
ラム
りんご
ロボット
ワクチン
中赤外レーザー
中野教室
乾燥
予防接種
事故防止
人口甘味料
備蓄
免疫チェックポイント阻害
八王子バイパス
冬の準備
努力 ラグビー
動物園
単純ヘルペス
受験
善玉菌
噴火
回復
地震
夏休み
外来語
子ども
実験
宿題
小説
悪玉菌
想像力
抗体
携帯電話
改正道路交通法
救命
教えこまない
教室
教育
新常識
日本撤退
書店
染色体異常
格付
梅雨
横田基地
武道
水分
水筒
水銀
温度調節
温泉
漢字ドリル
無料化
焼肉
狂牛病
環状交差点
異常行動
発酵
皮膚常在菌
着床前スクリーニング
睡眠
科学リテラシー
等級
筋肉痛
結核
繊毛

脱水
脳トレ
脳の老化
脳卒中
脳炎
自動車
自転車


蜜入り
記憶
認知症
読書
読書感想文
豚肉
運動抵抗性
遺伝子
遺伝子ドーピング
野球
金持ち
鉄分
銃剣道
長崎大学

電力自由化
電波
青キップ
非侵襲
食中毒
食中毒 きゅうり
食品標準成分表
食欲抑制ホルモン
高齢出産
高齢化
鳥インフルエンザ
検索エンジンの供給元:

マイブログ

読書

近年の流行に思う

暑くなってきたこの頃ですが、タピオカがまた流行っているそうです。いったいこれで何度目になるのでしょうか?商売をやる側からすれば、キャッサバ芋のデンプンなので、原価はそれほど高くありません。後は加工してどれだけ付加価値を付けられるかが勝負になるので、面白いとは思うのです。しかし、作られたブームという感じが物凄く感じられます。
近年では、写真に「映える」かどうかが流行する、つまり「バズる」かどうかの重要な要素となっています。これはSNSの普及によるものです。その一方で、SNSには馴染まないものは、全く「バズらなく」なってきました。例えば、本や雑誌は読まれなくなり、車は若者にとってあこがれの存在ではなくなりました。お酒だって、高いお酒が飲みたいのではなく、みんなで楽しく飲みたいという方向に変わってきています。
こだわりの強い人には生き難い時代だと思う私は、もう若くはないのでしょう。

想像力の危機

20年以上前の映像を見ると、オフィスのデスクには書類と電話しかありません。パソコンもスマートフォンも、デジタル複合機もありません。その当時の待ち合わせでは、「駅の北口と南口を間違えて30分以上も会えなかった」などという話をしても、現代の子どもの中には、何のことだかうまく理解が出来ない子も多くいるようです。

それは仕方のないことではありますが、そのような便利な道具がなかった時代があり、現在があるということを理解しないと、彼らにとっては、現在よりも過去の小説や映画は全て理解不能な物という扱いになってしまいます。それは彼らにとっても、小説・映画にとってもお互いに不幸な事ではないかと思います。
なんでも直ぐに「検索する」「SNSで聞いてみる」のではなく、時には想像力を働かせてみることも必要なのではないでしょうか?

町の本屋はいらないのか?

News Week Japan の記事で、ここ20年で書店数が半分になったという記事を読みました。

参照:「書店という文化インフラが、この20年余りで半減した」 舞田敏彦

時代の流れとともに、ビジネスの形態が変わっていくのはしかたのないことです。
他にも、なくなることが危惧されているお店には、「金物屋」や「荒物屋」、レコードショップ、個人商店などもあります。
ファストファッションが定着した影響で、クリーニング店も減少しているようです。良い物を長く使うというのが日本の文化だったのですが、使い捨てる文化も定着してきました。

今後、自分の暮らす町に書店やクリーニング店がなくなったら困りませんか?
私は困ります。
ついつい楽なのでネット販売で購入することもありますが、地元で消費することで自分の「生活インフラ」を守る必要性を痛感しました。


読書感想文のコツ

夏休みの宿題で最も大変だったのは、自由研究と読書感想文ではなかってでしょうか?
自由研究は題材が自由なので、科学系の研究から歴史系の研究など、個人の得意分野をまとめれば形になります。
対して、読書感想文はビジネスとも通じる思考法なのです。
本を読んで・感想をまとめて・文章化する、という3つの段階をビジネスに置き換えてみましょう。
情報をインプットして・対応策を考えてプランを作成・承認をとって実行する、となります。
つまり、読書感想文は将来の予行演習だったのですね。

子どもが読書感想文を書く時のコツを少しだけ・・・
1、1冊まるごとの感想を書かない(あらすじになってしまいます)
2、本から引用するのは、主人公(もしくは登場人物が発した)言葉か心理描写のみにして、それも可能な限り少なくする(自分の考えを中心に文章を書く)
3、作者の書きたかった事は何だったのかを考える(作者と考えが異なってもOK、どうしてそう思うのかを書けばいいのです)

まだまだありますが、いかがでしょうか?
お役に立ちますか?

読書習慣と年収

今回は少しサイエンスから離れたお話しです。
これは世界中でも報告されているのですが、読書習慣と年収は比例しています。
日経だったりプレジデントだったり、Business Management Degreeなどでも報告されていますので、(申し訳ありませんが)ご自分で調べてみてください。
アメリカではウォーレン・バフェットやビル・ゲイツ、日本では元日本マイクロソフト社長の成毛真さんがお金持ちの読書家として有名です。

では、なぜ読書する人は年収が高くなるのでしょう?
この場合の本は、ビジネス書が80%以上と言われています。「卵が先か鶏が先か?」ではありませんが、ビジネス書を読む人物像を想像してみてください。年収が高いから本を読むのではなく、本を読む習慣が年収を押し上げているものと思います。
そして、本を読む理由は大きく3種類くらいでしょう。
1、困難に直面しているので、ビジネス書にヒントを求めている
2、自己研鑚のため、勉強している
3、自らビジネスを立ち上げている、もしくは企画しており、経験のない業務について学ぶ必要がある

どうですか?
このご時世、「意識高い系」などといって揶揄されることもありますが、意識を常に高く持っている人の年収が高いのは当たり前ですよね?